感想文

いろんなものの感想文です twitterID:@seiyouhino

トークバック②

f:id:seiyouhino:20200213093435j:image

 

先日のコミティア131で購入した仰木日向さんのハーフ・ノンフィクション小説『トークバック』の2巻を読みました。1巻が出たのが1年と少し前。続きが読みたくて読みたくてずっと待ってました。

 

プロの作曲家を目指しながらコンビニのバイトで生計を立てている青年の物語。”この小説には、登場人物が精神的に追い詰められる描写が含まれております”というなんともおっかない注意書きが添えられているのですが、そりゃあもう容赦なく追い詰められる。必然的に読んでる人も精神的に追い詰められます。しかしそこが良い。追い詰められた先にしかない面白さがある。

 

今作は1巻に比べると序盤はややマイルドに感じました。主人公が行動する範囲が広がり、登場人物も増えたのでこれは必然かなと。

読み進めると中盤にそこそこのパンチが数発あり、終盤でドギツイのを貰いました。

 

ディズニー版の『アリとキリギリス』のストーリーを交えて、”娯楽職”と”生活職”の関係についてを語るシーンがあるのですが、これがもう本当に見事で完全にやられました。この考え方でいくと世の中もうそこらじゅう偽キリギリスだらけです。嫌になります。それと同時に自分はどうなんだと考えさせられ、若干ヘコみました。己が愚かさを反省し、考え方を改めました。

 

 

とまあ、ここまでが一回読んでみての感想でした。

本編を読み終わった後、面白かったけどなんかちょっと引っ掛かりを感じるんだよなとか思ってたんですが、あとがきを読んでハッとしました。

 

僕は完全に勘違いをしていました。

 

その勘違いに気付いてからもう一度最初から読みなおしてみると、ほぼ全てのシーンの見え方が変わりました。 

 

地獄って、そこが地獄だと認識しなければ地獄には見えないもんなんだということを改めて思い知りました。

 

そのことは本作の1巻で学んだつもりだったのに、こうも簡単に引っかかってしまうとは。”知らない”っていうのは本当に恐ろしい。

 

そしてこの小説の巧妙さも恐ろしい。めちゃくちゃよくできてる。いろんな要素が随所に含まれてる。たぶん気が付かない人は気が付かない。自分が気が付けたのはおそらく若干似たような経験があったから。同じ罠にもう一回引っかかるところだった。

 

今作を何回か読みなおして、「これは今後の物語に向けての入念な下ごしらえだな」と感じました。次巻からは物語の舞台も変わり、話が本格的に進んでいくようなのですが、現段階で既に嫌な予感しかしておりません。

 

何が怖いってこの物語はほぼ事実に基づいているということ。今後なんとなくこうなるんじゃないかという予想はいくつかしているのですが、その予想が当たってしまうとそれは実際にあったことということになるから怖い。実際にあってほしくないことばかり思いついてしまう自分の脳が嫌だ。

 

とか言いながらも、それでもとにかく続きが読みたくてたまらなくなってる自分がいます。都合が悪かろうがなんだろうがとにかく真実が知りたくてたまらない自分にとってこんなに突き刺さる作品はありませんでした。

 

仰木日向さんの作品は読むたびに身の引き締まる思いになるのですが、この『トークバック』は別格です。「自分自身の心と真正面から向き合うのが好き」という方は(あんまりいないと思いますが)是非読んでみて下さい。

stand by me 描クえもん/佐藤秀峰

 

f:id:seiyouhino:20200128141930j:image

去年見つけてゲロを吐きそうになるほど心がエグられた漫画。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』の作者(恥ずかしながらどちらも読んだことがないのですが)、佐藤秀峰さんの描く出版界の一端を描いた漫画です。

フェイク・ドキュメンタリー的手法で描かれた作品と謳われていますが、「これたぶんほぼ作者の実体験だよな?」と思わせるほどのリアリティがあります。むしろフィクションであってほしい。

うだつの上がらない漫画家志望の主人公がアシスタントをしながらもなんとかデビューを掴むと、そのデビュー作がいきなり大ヒット。売れっ子漫画家になったと思いきやその実状は生き地獄だったというなんとも夢の無い物語。悲しいかなきっとこれが現代の『まんが道』なんだろうなと思わされました。

「こんなにぶっちゃけちゃって大丈夫かな?」と心配になるほど赤裸々に色んなことが描かれちゃってるので、気になって作者の方についてちょっと調べてみたところどうにも嘘を吐くのが苦手というか、嘘を吐けないタイプの人のようで、話題には事欠かない人だった。得心した。

現在第2巻まで出てて、なかなか次が出ないもんだからこれも調べてみたところ、web(http://www.to-ti.in/)での不定期連載であんまり話が進んでなかった。更新頻度が2~3か月に1回くらいだった。そりゃ出ないわ。でも安心した。

第2巻が去年の5月くらいに出てて、その後新刊の情報がまったく出てこないから、業界の力で打ち切られたのかもとか思ってたけど、そうじゃなかったからよかった。まだ続きが読める。

第2巻の巻末に作者のあとがき的なものが書かれているのですが、これが「遺書かな?」と思わせるような内容で。それだけ執念と言うか怨念のようなものが込められてるように感じられて、だからこそ惹き付けられるんだなと思います。

どう転んでもハッピーエンドになんてならないであろう作品ですが、嘘が嫌いな方には是非オススメしたい作品です。

ただのオタクで売れてない芸人で借金300万円あったボクが、年収800万円になった件について。/天津・向清太朗

f:id:seiyouhino:20200115023740j:image

『オタク芸人』でおなじみ、お笑いコンビ『天津』の向さんの自伝的一冊。

 

個人的にずっと好きな芸人さんではあったのですが、読んでみると知らないことだらけでした。

 

テレビ等のメディアへの露出が多いタイプではないものの、自らの生きる道を自力で切り開いて今の立ち位置を築き上げた方だと思っていたのですが、想像以上に苦しい思いをしていたようです。

 

コンビの芸人さん特有の「片方だけが大ブレイクしてしまう」というのはやはり関係性を崩しやすいものらしく、御多分に漏れず向さんも嫉妬や憎悪の感情を相方の木村さんに抱いてしまっていたそうです。それも結構強烈に。

 

当時の印象としては木村さんが『エロ詩吟』で大ブレイクしてちょっと落ち着いたころに向さんのテレビへの露出が少しずつ増えだしたなという風に感じており、これってコンビ的に良い感じなんじゃないかなんて思っていたのですが、蓋を開けてみてビックリ。めちゃめちゃギクシャクしてたらしいです。

と言うより、向さんが木村さんのことを完全に敵視してしまってたそうな。完全に『闇落ち』してしまってたそうな。

 

そんな状況から、様々な先輩方から助言を貰ったり他業種の人と話をしてハッとすることがあったりして何とか立ち直り、今に至るまでが赤裸々に綴られた一冊です。

 

この”先輩からの助言”や”他業種の人との話”は読んでてかなりグサッと来るものだったんですが、その時感じたことを行動に移すまでのスピードの速さに、向さんの凄さがあるのかなと思いました。

 

他人から言われたことをそのままやるということに何故か人は抵抗感を感じてしまうし、頭ではわかっていてもなかなか「思い立ったらすぐ行動」ができないのが人間です。たぶん人の能力差って結局こういうところにあるのかなと。

 

僕は中学生の頃に『天津』の存在を知り、そのころからのファンだったので時系列にそって裏話が展開されていく本書の内容は非常に楽しめるものでした。『爆笑レッドカーペット』や『人志松本の○○な話』を観てた人なら「ああ!あれってそういうことだったんだ!」となること請け合いだと思います。

 

”人間臭さ”が好きな人には大変おすすめできる一冊です。興味を持たれた方は是非ご一読を。

 

作曲少女2/仰木日向

f:id:seiyouhino:20191218181512j:image

 

超大好きなシリーズの新刊。発表されたのが急だったからビックリしてしまった。ソッコーでAmazonで予約しました。

 


内容に関してはもう完全に期待以上でした。相変わらず扱われてるテーマが好みにドンピシャ過ぎてもう。

 


本作で扱われてる大きなテーマが『好きなものがない人はどうすれば良いのか』なのですが、なんと言うかこう、凄いところに踏み込んだなと。

そのテーマで物語を書いてカタチにすることができるのかなと。読む前はそんな風に一抹の不安を覚えましたが、これが見事に素敵なお話に仕上がっておりました。キチンと“作曲”を絡めつつ。

 


僕自身は好きなものは割と多い方だと思いますし、何かを好きになる時に特にそれを疑問に思ったりすることもなく、自然と何かを好きになってその数も年を追うごとに増えていったって感じなので、『好きなものがない』という悩みにはピンとこなかったのですが、その悩みの中に含まれている『何も作れなくて受け取るしかできないことのしんどさ』についてはもの凄く身に覚えがあり、刺さるものがありました。

 


その『好きなものがない』という悩みに対するアプローチとして、『創作の目的の3つの分類』というのが作中にでてきます。これが凄い。

今まで個人的に漠然と感じてたことだけどうまく言葉で表すことができなかったことを、めちゃくちゃわかりやすく説明して貰えました。これマジで超凄い。

 


『好きなものがない』というテーマは本作から登場する新キャラクターに絡まって扱われて行くのですが、この新キャラがまた魅力的。というかこの“作曲少女”シリーズは出てくるキャラの心理描写がめちゃくちゃ深く丁寧かつ生々しいので本気で心配してしまうくらい引き込まれる。

尚且つシリーズの番外編もコミティアでコピー本として頒布されたり、Web上に公開されてたり(https://info.shimamura.co.jp/digital/composergirl_extra_e)しており、本編の前日譚だったり後日譚だったりが結構たくさん書かれているので、この辺を読んでから本編を読むとキャラクター同士の関係性がより深く理解できたりするのでもう夢中になります。もう僕はむしろ番外編の続きが読みたいです。

 


そんなシリーズ通してのファンである私は、本作(作曲少女2)の9話を読んでガッツポーズしました。声も出ました。待ち望んでた展開がありました。

 


ストーリーとかキャラクターの話ばっかりしてましたが、作曲、音楽についてのアプローチも素晴らしかったです。音楽理論とか音楽用語とかを限りなくわかりやすく、且つここまで本質的に書かれた本ってのは、他には無いんじゃないでしょうか。

 


理論以外にも実際に音楽をやる人、演奏家でもジャンルが違うと演奏に対する捉え方が大きく違ったりする話なんかもあったりして、一口に“音楽”と言っても色んな世界があるんだなぁと改めて思いました。

 


あとこれは完全な余談なんですが、作中に出てくる架空の漫画『ゴリラギターズ青春白書』が気になってしょうがない。読みた過ぎる。キャラクターのネーミングセンスが抜群過ぎてたまらん。

 


てな感じで、大満足の一冊でした。他にも書きたいことはあったのですが収集がつかなくなりそうなのでこの辺で。続編が出ることを祈って。

言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか/ナイツ 塙宣之

f:id:seiyouhino:20191022122902j:image

 

御多分に漏れず僕もお笑いが好きで、特にM-1が大好きで毎年楽しみにしてるのですが、そんなM-1ファンにとっては待望の一冊だったのではないでしょうか。僕は本屋で見つけてすぐに手に取りました。

 

去年(2018年)初めてM-1の審査員を務めたのにも関わらず、1番コメントが的確だったのではないかと言われているナイツ塙さんがM-1、そして漫才についてじっくり語ってくださってるこの本。メチャクチャ面白かったです。

 

割と序盤の方に

“ちゃんとしたネタとは何かというのも難しいところですが、一つの定義として「他の人でも演じることができるネタ」ということはできるかもしれません”

という一文があるのですが、これほどハッとさせられた言葉は久しぶりでした。脳の今まで使ってなかった部分が開いていくのを感じました。

 

全体の内容としてはタイトルにある通り、関東芸人がなぜM-1で勝てないのか、逆に言うと関西芸人(特に吉本勢)がなぜ強いのか、その点について“漫才”と言うものの成り立ちと、“M-1”という大会の特性からの分析があって、次にナイツの自己分析。そして関西有利といわれながらも優勝した非関西勢のアンタッチャブルサンドウィッチマンパンクブーブーの三組の解説へと続いていきます。

 

その次に“新しいもの至上主義”であるM-1にどう「挑戦」していくか、何を武器にして戦うべきかが書かれ、最後に“革命児”である南海キャンディーズと“発明家”であるオードリーの凄さについて語られていました。

 

この最後の章の南海キャンディーズについての解説がまあ素晴らしい。

 

名演出家(山ちゃん)と名優(しずちゃん)のコンビって例えがそのものズバリ過ぎてため息が出ました。

 

基本的にはM-1と漫才のことについて語られていることがほとんどなのですが、合間合間に“お笑い業界”に対する意見が書かれているのが興味深かったです。

 

特に下ネタや風刺ネタ、毒舌ネタについての

「誰しも黒い部分を持っていて、そこを解放してあげることもお笑いの役割のうちの一つだと思っているのですが、嫌な気分にはなって欲しくない。だから、罪は芸人になすりつけてくれていいんです」

という言葉は現在の世論に対する警鐘のように感じられました。

 

塙さん本人は作中で「この本は、ぶっちゃけ、言い訳です」「もっと言えば、負け惜しみ」ですと仰っていましたが、まったくそうは感じないほど素晴らしい分析・解説がされていたと思います。M-1、漫才への愛があふれんばかりに込められた一冊でした。

 

約2ヶ月後にはM-1グランプリ2019の決勝があります。この本を読んでから観るとさらに面白くなること間違いなしです。

 

M-1ファンのみなさん。読みましょう。

 

 

 

 

働き方完全無双/ひろゆき

f:id:seiyouhino:20191021131743j:image

 

今後日本が経済的に苦しくなっていくことが明らかだということをふまえて、そこから抜け出て個人で生き残る方法を教えてくれる一冊。

 

「今の世の中ってこうだから、これをやっておいた方が良いよ。逆にこれはやらない方が良いよ」

「人ってこーゆーもんだからこーゆー考え方しといた方が楽だよ。逆にこーゆー考え方してるとキツいよ」

みたいな、言われてみればシンプルだけどなぜかそこについて考えるのを避けてしまってたようなド正論がふんだんに書かれております。

 

キーになるのは“個人”と“社会”は分けて考えた方が良いということ。そこをごっちゃにしてるからわけわかんないこと言い出す人がいるんだなってことを改めて認識しました。

 

良い言葉が作中にいっぱい出てくるのですが、特に“うまくいってる時こそ悲観的になれ”ってのが突き刺さりました。肝に銘じておこう。

 

なんというか世の中全体がこれくらい俯瞰で物事見れるようになれば良いのになと、思ってしまいました。

 

人って“常識”に殺されるんだな。

 

王様になれ

ロックバンド『the pillows』結成30周年記念の企画の一環として制作された映画、『王様になれ』を観てきました。

 

バンドのドキュメンタリー映画ではなく、オリジナルのストーリー映画で、うだつの上がらないカメラマン志望の主人公が、ピロウズのライブを観て「このライブの写真が撮りたい!」と奮闘する物語。

 

ベタと言えばベタなストーリーではあるのですが、扱われてるテーマとその描写がイカつくてエグかった。

 

正直観る前若干油断してました。精神エグられ過ぎて吐くかと思った。

けど、「ピロウズ好きな人ってこーゆーの好きでしょ?」って言われてる気もした。確かに大好きです。

 

改めて“現実と自分自身の臆病さに正面から向き合わないと欲しいモノは手に入らない”という真理と向き合わされる作品でした。

 

音楽ライブのカメラマン志望の人に是非観て欲しい。そしてゲロ吐いて倒れて欲しい。

 

オリジナルのストーリーとは言えもちろんピロウズピロウズとして出てくるし、さわおさんはガッチリ演技してる。ファンならニヤニヤしちゃう演出もありました。

 

そして出てくるゲストミュージシャンが超豪華。役者として出るだけじゃなくて

カバー演奏のライブシーンもある。これが素晴らしい。Apple Musicにサントラあったけど一番もう一回聴きたいと思ってたヤツだけ未解禁だった。

 

正味な話映画としては粗があったり拙い部分があったりするのかもしれないですが、それを補って余りあるテーマの強さ、そして何よりピロウズへの愛を感じる作品でした。

 

観れる映画館も多くないし期間も短いですが観に行くかどうか迷ってるピロウズは絶対に観た方が良いと思われます。