感想文

いろんなものの感想文です twitterID:@seiyouhino

作詞少女/仰木日向

f:id:seiyouhino:20190317003444j:image

タイトルの通り、作詞に挑戦する女の子の物語。これがまあ、なかなかにエグいお話です。

 

主人公の女の子は元々詩を書くのが好きで、それ専用のノートをつくって書き溜めてるような子なんですね。で、とあるきっかけで作詞に挑戦することになったんですけどまあ上手くいかなくて、そんな時に出会った同じ高校の1コ上の先輩が実はプロの作詞家で、その人に作詞教えてもらうことになったってのが物語の入り口。

 

『作詞』ってものが具体的にどういうものなのかってのがわかりやすく書かれているのに加え、それを扱う作詞家、作家とはなんなのかってことを根っこの部分から教えてくれています。

 

とにかく正しいことしか書いてない。ひたすら核心を、真理を捉え続けてる本です。人によっては読んでてキツくなるかも。僕の大好きな"都合の悪い真実"がわんさか出てきます。

 

"正論は使い方次第では暴力になる"って言葉をこれだけわかりやすく表してる作品は他に見たこと無い気がする。もうタコ殴りです。ボッコボコです。でもそれが良い。

 

1年半くらい前に出た本で、出てすぐ買って読んだんですけど、思うところあって読みなおしました。

 

作中に、『絶対価値と相対価値の話』ってのが出てくるんですけど、初めて読んだ時に理解しきれなかったんですね。で、それが悔しくてずっと考えてたんですけど、全然わかんなくて放ったらかしにしてたんです。

 

だけど最近岡本太郎の『今日の芸術』って本を読みまして。読み終わった瞬間に「あれっ?なんか今ならわかる気がする」と思いまして、これはもう一回読まなければとなった次第です。

 

結論としては、とりあえず自分の中で「まあ恐らくこれが正解だろう」というのは出ました。とりあえず自分が納得できる答えは出せました。

 

ただ結局これは答えそのものより、答えに辿り着くまでの過程の方が大事だった気がします。人に答えを聞かず、自分で辿り着くことに意味があったのかと。

 

ただ僕が出した答えが正解かどうかはわからないので、いつの日か答え合わせができたら良いなと思ってます。

 

 

今回で読むの3周目だったんですが、読む度新しい発見がある非常に良い本です。作詞や音楽に限らず、創作活動をしてる方に読んで欲しいなと思います。少し読むのに勇気がいるかもしれませんが。

モブサイコ100(アニメ1期)

運動も勉強も苦手で無表情でおとなしいけど超能力者な中学生の男の子が主人公の物語。

 

主人公の影山茂夫(通称モブ)くん自体は超能力を積極的に使う気も見せびらかす気も無いものの、それを利用しようとたり興味本位で近づいて調べようとしたり、信仰宗教の教祖に仕立て上げようとしたりしてくる人達とワチャワチャしていくってなストーリー。

 

これも原作の漫画途中まで読んでたことあって、勧められたので観たのですが想像以上に出来が良かった。素晴らしい仕上がりだった。

 

アニメーションとしての完成度の高さにまずビックリ。原作の最初の方の絵がお世辞にも上手いとは言えない仕上がりだったので(絵自体の魅力はメッチャある。凄い好き)、原作序盤の雰囲気はアニメの方が出てた。

 

やっぱり超能力の表現ってなってくるとアニメのが強いですよね。

 

霊幻新隆(インチキ霊能者。主人公の師匠でバイト先の雇い主)の声が櫻井孝宏さんってのがピッタリ過ぎてそれだけで満足ってレベルだった。ずっと霊幻に喋ってて欲しいと思った。

 

基本的にはギャグテイストなんですが、途中からちょっとシリアスになりバトル展開になる。わかりやすい少年漫画的展開ではあるんですが、問題解決の方法が今までにないパターンが多く、新しく感じました。

 

とりあえず1期を観終わって、今ちょうど2期をやってるので続けて観ようかと。聞くところによると2期の方が出来が良いらしい。楽しみ。

 

もう原作は完結してるようなので、これを期に原作も読み直してみたいと思います。

営業と詐欺のあいだ/坂口孝則

f:id:seiyouhino:20190310182459j:image

 

営業マンのセールステクニックと、詐欺師の人を騙すテクニックの境界線について、どちらも人から『お金を奪う』という共通している部分から細かく解説してくれている一冊。

 

メチャメチャ勉強になった。これ一冊読むだけで詐欺に引っかかる確率はグンと下がると思う。「自分は大丈夫」と思ってる人程読んだ方が良い。

 

営業テクニック・詐欺テクニックに加えて人間の心理についても詳しく解説されてるのですが、これがキモ。

 

人が常日頃抱えてる不安・不満・悩み・欲望や人間の心理的弱点についてを説明し、またそれがほとんどの人間に共通するものだということをハッキリ教えてくれています。

 

営業テクニックも詐欺テクニックも結局はこの人間の心理に基づいたもので、人間の心理から逆算されたものだったんですね。

 

この本の第一章の最初に"良いセールスマンと詐欺師は紙一重"って言葉が出てくるんですが、読めば読むほどその通りでした。

 

後半に詐欺の種類とその実態、そして対処法が書かれているのですが、どれも知識があれば対応できるものでした。逆に言うと詐欺に引っかからない為には詐欺についてよく知っていないといけないってことですね。

 

詐欺の種類の一つとしてカルト宗教についても解説されてるのですが、これが恐ろしくよくできてる。そして結構簡単。元手があれば自分でもできそう。できるかできないかの境目は良心の有無だけだと思います。これも対処法知ってれば回避できますが、やっぱ1番は関わらないこと、逃げることですね。

 

営業にしろ詐欺にしろ共通してるのは『売り手』だと言うこと。自分が今後モノやサービスを買う際に、『売り手』側の気持ちがわかってれば相手の本音が見えてくるはず。それを踏まえた上で交渉できるようになれば損しないで済むし、楽しく買い物できるようになると思います。わかってる気でいてわかってないことを改めて学習しました。

 

みんな取り敢えず読んどこうぜ。そんくらい良い本。

 

※この本10年位前に出販された本なので、今だともっと詐欺の種類増えてるハズ。引き続き勉強したい。

信長の忍び(アニメ)

タイトルの通り織田信長に仕える忍びの女の子が主人公の作品。基本的にはギャグアニメ。

 

漫画原作の作品で、元々原作好きだったんですけどアニメの出来が頗る良いと聞いたので視聴。

 

想像以上の仕上がりでした。メッチャ面白かった。

 

1話5分のアニメだからか、テンポが恐ろしく良い。超軽快。テンポが良すぎてずっと観れちゃう。3シーズン分一気に観ちゃった。止まらなかった。

 

そして史実をかなりしっかり追いかけてる。説明も上手い。調べてみると原作者の方は中学校社会科の教員免許持ってるそうな。どおりで。

 

しかし改めて歴史面白いなと思った。学校教育に全然使えると思う。原作もアニメも。勉強になりまっせマジで。

 

あとアレなんですよ、何が凄いってギャグアニメなのに、油断してると泣くんですよこれが。要所要所でキッチリ泣かしにきやがるんですよ。

 

信長の目線じゃなくて、信長を客観視してる忍びの目線で描かれてるのがポイント。同じ歴史でも視点を変えて見るといろんな発見があります。

 

とにかくいろんな意味で出来の良いアニメでした。話数は多いものの1話5分なので一瞬で観終わります。気になった方は是非。

SSSS.GRIDMAN

こーゆード王道なやつ大好物。

 

元の特撮の方のグリッドマンをちょうど観てた世代なので、ノスタルジーも相まって最高に楽しめました。

 

グリッドマンの声が当時と同じで緑川光さんってのが粋だった。

 

当時の設定をふまえつつ、上手く現代風にアレンジされてたと思います。その上での最後のまとめ方が素晴らしかった。

 

ロボットアニメが好きなので、グリッドマンをサポートするアシストウェポンにテンション上がりまくりでした。やって欲しかったこと大体やってくれた。満足。

 

オマージュが大量に散りばめられられてた(特に戦闘シーン。ウハウハでした)のも楽しかったですね。ニヤニヤポイント多めでした。

 

全12話での展開のバランスとかも上手で、あっという間に終わった感ありました。気がついたら最終回だった。

 

最終回に関しては当時特撮のグリッドマンを観てた世代の人達なら諸手を挙げて叫びたくなる仕上がりになっているので是非観て頂きたい。

 

アクセスフラッシュ!

輪るピングドラム

 

「とりあえず9話までは我慢して観てくれ、そっから先は凄いから」と強く友人に勧められて視聴。

 

実際9話ではピンとこなかったものの12話で「おっ?」となり15話からのめり込みました。

 

メチャメチャ良かったんですけど正直もうちょっと説明が欲しかった。とにかく情報量が多かったので。これは僕のロジカル過ぎる性格の問題かもしれませんが。

 

2周目3周目がより面白い作品だと思います。時間空けてもっかい観たい。

 

確かにこれはアレですね。人に勧めたいけどどう説明していいか全くわからないですね。

 

ネタバレせずに説明できない。そりゃ「とりあえず観てくれ」って言うしかないわな。

 

一応一番太いテーマとしては「家族愛」になるのかな。でもなんかそう言ってしまうとチープな気がするなぁ。

 

中盤から後半にかけてのドロドロした展開が凄く好みでした。トラウマと呪いのミルフィーユだった。

 

最後の3話くらいは初めてエヴァ観た時と同じ感覚になりました。

 

あとこれは限りなくネタバレに近い感想になるのですが、最後のオチに仮面ライダー龍騎を彷彿とさせるものがありました。わかる人にだけわかってくれれば。

 

本当に前フリというか助走の長い作品ではあるんですけど、その分後半の伸びが凄まじくよく出来てるなと思いました。観て良かった。

 

「きっと何者にもなれないお前たちに告げる」って面と向かって言われると、結構ヘコむよね。

 

 

今日の芸術/岡本太郎

 

f:id:seiyouhino:20190303183707j:image

 

いやもうホントにもっと若い時に読んでおきたかったと心の底から思うほど、そりゃあもう凄まじく素晴らしい本でした。

 

様々な物事の本質を丁寧に説明してくれています。

 

何にビックリしたかって、この本が出版されたのが65年前ってこと。 そんな昔に出たとは思えないほど内容が新鮮でした。あと特に芸術に強い興味持ってない人が読んでも全然面白い。誰が読んでも面白いと思う。

 

逆に言うと65年も前にこんな素晴らしい本が出てるのに日本人全然進歩してねぇ。悲しい。

 

僕自身芸術、特に絵画にはほとんど興味無かったし、岡本太郎のこともよく知らずに読みましたが、1発で岡本太郎大好きになりました。

 

というか、多分今まで岡本太郎に対して誤ったイメージを抱いてた。なんというかどこかブッ飛んだ人ってイメージだったんですが、むしろ逆で、かなり理路整然としてた。一つ一つの物事の本質を丁寧に紐解いて考えてる人だった。

 

読み終わって改めて、時代が変わっても人間の本質ってそうそう変わるもんじゃないんだなと思い知らされた。あとなんか自信がついた。今まで自分が考えてたことがそんなに間違ってなかったことが確認できた。

 

ホントに出会えて良かったなと思った1冊。20冊くらい買い込んで知り合いに片っ端から渡して読ませたい。

 

興味ある人いたら言って欲しい。僕が買ってあげます。